体が疲れる原因

HOME > 体が疲れる原因

日頃から忙しく働いていたり、激しい運動をすると、肉体疲労と言われる、体が疲れた状態になります。

疲れた状態が続くと、集中力を欠き、十分なパフォーマンスを発揮する事が出来ず、仕事においてもスポーツにおいても、好ましくない状態です。一体、何故人間の体は疲れるのか、体が疲れる原因を探ってみましょう。

栄養不足と睡眠不足が体を疲れさせる!

スポーツをしたり、動き回ることで体が疲れる原因は、エネルギー源となる栄養素が不足するからです。

ビタミンやミネラル等、体を作る上で必要な栄養素が、動く事により破壊された肉体の修復に使われて、栄養素が消費されます。その結果、栄養素の供給や修復が追いつかず、疲労が溜まっていくのです。

又、栄養不足や偏った食事も、体が疲れる原因です。野菜に多く含まれるビタミンや、海藻に多く含まれるミネラルを、食べないでいると、動いた事で疲労を回復させることが出来ずに、どんどん疲労が溜まってしまいます。なので、バランスの良い食生活を心がける事が大切です。

睡眠不足も体が疲れる原因で、睡眠が一番関係が深いといっても過言ではありません。

人間は、睡眠状態で肉体を回復させるので、その睡眠時間が確保されないと、十分な回復が見込めず、結果として体が疲れてしまい、更に疲れたままになってしまうのです。

栄養不足や睡眠不足解消にオススメ!
体の悩み別!市販サプリメントの効能について

バランスのとれた食事

Google Earth