体の疲れは「だるさ」から?

HOME > 体の疲れは「だるさ」から?

体が疲れたと感じるのは、だるい症状から感じる場合が多いです。ただ、体がだるい場合、疲労が原因ではない場合もあります。

だるい症状は疲れから?それとも病気から?

季節の変わり目に体がだるいと感じる事があります。これは、急に暑くなったり寒くなったりと気温の差に体がついていけない場合に起きます。そして、風邪やインフルエンザなど病気によるだるさもあります。体のだるさは病気と関わりが深く、栄養不足によるものが大きいです。だるさの解消には、栄養をきちんと摂ることが大切です。

疲労が溜りに溜ってひどい場合にも、だるさも感じる事があります。病気以外でだるさを感じる場合は、並みの疲労ではない疲労困憊状態だと思っていいでしょう。

溜りまくった疲労による「だるさ」は、体内の血の巡りが悪くなり、酸素やエネルギーが体内に行き届いていないからです。そして、筋肉に残ったままの乳酸も外に放出してあげる事も大切です。

このような疲労による「だるさ」は、温泉やマッサージが効果的です。温泉入浴施設やマッサージサロンなども増えてますので、利用してみるといいかもしれませんね。

だるい疲れ

Google Earth